当院の特徴FEATURE

当院の特徴のご紹介

痛くない、苦しくない内視鏡検査
当クリニックでは県内有数の最先端の内視鏡センターを併設しており、経験豊富な専門医が患者様に合わせて鎮静剤(麻酔薬)を投与し患者様が寝ているうちに内視鏡検査をおこなうことができます。
検査自体は胃、大腸内視鏡検査ともに15分程度で済みます。
県内有数の最先端の内視鏡センター、
大学病院並みの施設・設備詳細はこちら
クリニックでありながら内視鏡センターをはじめ大学病院並みの設備を整えています。
特に県内有数の内視鏡センターでは県内ではじめてブルーライト照明を導入するなど、がんの早期発見にむけ最先端の検査環境を整えています。
最高峰のIBD治療詳細はこちら
関内鈴木クリニックの最大特徴は、院長が専門は国の難病指定を受ける腸疾患であるIBDの権威であることや、非常勤の県内大学病院のIBD専門医による診療。
IBD治療に対応する最新設備を整えており、専門外来にて治療を受けることができます。
今では当院のIBD治療患者数は400人以上となっています。
近隣の医療機関との連携による質の高い診療詳細はこちら
神奈川県内の大学病院など、近隣の医療機関(専門医)と連携することにより、質の高い医療を提供しています。
この連携によりIBD治療の24時間対応や幅広い専門科目への対応が可能になっています。
予約診療制待ち時間が少ない
予約診療制にすることで待ち時間を極力へらせるように努めています。順番もリアルタイムでモニターでご確認いただけます。
一般社団法人 日本消化器内視鏡学会所属
日本消化器内視鏡学会に所属。地域に密着した急性期病院の消化器内科の役割を果たすべく、診療にあたっています。